2014/01/03

年末年始のワイン生活

年末年始はひたすら飲み続けた日々でした。
まあいつもと変わらないのかもしれませんが。。。

我が家ではおせち料理は用意しないので、数の子とか蒲鉾を単品で買って来て適当に盛りつけをしています。

お刺身が残ってしまった時は、以前作ったわかめご飯のレシピを使って炊き込みご飯にしたりと普通の食事が続いていたりします。

(ほぼ)日替わりでワインが空いてしまったのでいくつか写真を残しておいたものをご紹介です。

“ビーニャ・サンマネル”・カバ・ブリュット[NV]カバスヒル

“Vinya Sant Manel”, Cava Brut
photo

これは近所のワインショップで購入したものです。
ショップの説明によると「甘口」だったのですが、全然そんなことはなかった不思議な一本です。

青リンゴ風味の果実味がありますが、口当たりがよいのでどんな料理ともあいそうです。
この時は・・・残った焼き魚をトマトで煮込んでつまみにしてみました。

プピーユ カスティヨン [2008]

Poupille
photo

某ワインバトル漫画にも出て来たのがウリの1本です。
こちらはどこで購入したのかよく覚えていないので・・・もらいものかもです。

ボルドーにしては非常に飲みやすく、渋みとかは感じられないでした。
ハムやコンフィと一緒に頂きましたがシーフードでもあうかもしれません。

ラベルをよく見ると他のものとは少し違うので、安めのものなのでしょうか。。。

トカイ フルミント・ドライ [2012] シャトー・デレスラ

Tokaji Furmint Dry / Chateau Dereszla
photo

トカイワイン(ハンガリーです)はあまり人気はないみたいなのですが、ちょっと癖があるのが好きです。
これは安いやつなのですが、所謂貴腐ワインはぜひ飲んでみるべきです。
かの楽聖ベートーヴェンもトカイの貴腐ワインを愛飲していたと言われますが本当でしょうか?

このフルミントはジュースのようにごくごく飲めます。
イタリアの白とはまた違った飲みやすさがあり、デザートにも使えるのではないでしょうか。

シャトー・デレスラはハンガリーでも最古のワイナリーと聞いています。
なんでも15世紀ぐらいからあるらしく、シャトー・デレスラ=ハンガリーのワインの歴史と言っても過言ではなさそうです。


さて、冬休みも後半戦、飲みの日々はまだまだ続きます・・・。


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...