2017/10/27

夏の終わりの五竜岳(DAY-2)

※DAY-1はこちら

IMGP2004

二日目。
夜明け前にもそもそ起床、朝からインスタントのラーメン。
山頂まで往復してからにするか

IMGP2002


地平線が明るくなってくるころに支度を終え登り始める。
小屋に荷物はデポできるそうなのだが、一番乗りは恥ずかしかったので持っていく。
というかカメラが重いし。。。

DSC05594

次第に明るくなってくる。
二箇所ほど気を使う場所があり、この区間だけでもヘルメットがよいだろう。

IMGP2010

振り返れば昨日歩いてきた稜線がくっきり。
天気悪かったのが残念だ。

IMGP2018

あっという間に頂上。
先客がいたがこのまま八峰を超えていくらし。
昨日はトレランの人が向かって行ったけどハーネスまではいるのかな・・・?

DSC05595

これが八峰と鹿島槍ヶ岳かな。
なかなか険しそう。

IMGP2021

遠くには劔岳が。
今年も行けなかったなあ。

IMGP2016

唐松から白馬岳の稜線。
んー、どれが唐松だ?

IMGP2017

下界は 雲海の下。

DSC05603

唐松まで戻るか悩んだけど、当初の計画通り遠見尾根を下る。

IMGP2031

遠見尾根からは五竜岳がきれいに見える。
もっとも進行方向はひたすら樹林帯なので振り返らないと見えないのだが。

IMGP2033

花も多いコースなので展望の悪さはがまん。

IMGP2037

次第に雲が上がってくる。
唐松まで戻らなくて正解かな・・・正解と思いたい。

IMGP2046

鹿島槍ヶ岳。
かっこいい。

IMGP2055

八峰。
北アルプスの三大キレット。
来年こそは行きたい。

DSC05611

休憩ポイントである中遠見まで。
このあたりで登りの人が増えてくる。
というか遠見尾根の直下ですれ違う人はどうやって来たのだろう。

DSC05618

中遠見を越えるともうゴールはすぐ。
途中からは観光コースなのでいきなりアウェイな雰囲気。

DSC05619

とりあえずゴール。
1,300mほど降ってきたがだらだら続くので長かった・・・。

DSC05622

ケーブルカーで降って。

DSC05625

スキー場の温泉に。
うーん。
ちょっと歩いて温泉に行けばよかったかな。

DSC05626

国道までは歩ける距離なのでタクシーは使わず。
あえてスキー場駅前の食堂「大黒食堂」。
読みはダイコクらしい。

DSC05627

ここのお店の名物はソースカツ丼とラーメンのセット。
なんでも白馬エリアで最初にソースカツ丼を始めたお店だそうな。

ビールもいただきつつ、テレビを見ながらバスの時間まで潰させてもらいました。

反省会

ツェルトを持って行ったけどまったく使わず。
話には聞いていたけどとても風の強いテント場だった・・・。

まあシュラフとあわせて1kgぐらいしか変わらないけど。

パッキングが少し上達したのか、一眼レフとヘルメットも入れてブルーアイスの45リットルに入れられるようになったは成長だろう。

なんとなく夏用装備としてはうまくまとめられるようになってきたな。

あとはもう少し歩くスピードを早くしたいが。
ダイエットかなあ、やはり・・・。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...