2015/03/21

サコッシュ悩み中

最近の悩みがサコッシュ。

・行動食のためにザックを下ろすのは面倒
・ハイドレーションが最近面倒だ
・ISUKAのマップケースがでかくて邪魔
というところから考え始め・・・。

つまり、サコッシュを導入して、
・行動食と地図をサコッシュに
・水をナルゲンとかでウェストベルトに装着
すればいいんじゃない?、との仮説。

DSC01725

これが問題の?マップケース。
縦サイズもあるので、結構入れ場所に困る。
ザックのベルトにくくりつけても邪魔だし、収納したらすぐ見れないし。

さっそく調べてみる。

サコッシュといえばUL系が多いのかなあ、とこのあたりが候補。
・山と道/サコッシュ
・アトリエブルーボトル/ハイカーズサコッシュ
・ローカスギア/ナノス
・ワンダーラスト/カンパ・ラ・パック
・マウンテンハードウェア/アフターシックスポーチ

山と道が王道っぽいのだが、別にULでもないし、ものいっぱい入れそうだしな。
MHWのポーチは好日山荘にあったが触り心地がいまひとつだった。

ローカスギア・アトリエブルーボトル・ワンダーラストが候補。
サイズ:ローカスギア>ワンダーラスト>アトリエブルーボトル
お値段:アトリエブルーボトル>ローカスギア>ワンダーラスト

ローカスのナノスはメーカーはサコッシュとはしていないのかな?
アウトドアシーンにはもちろんのこと、多目的ユースに使えるワンショルダーバッグ。 フロントとバックにそれぞれ素材違いのポケットがあり、仕分け易く、必要な物が素早く取り出せます。 本体生地はPUコートが施された防水タイプで、より強度のある70デニールのリップストップナイロン。
使い勝手はよさそうだけど、大きさが邪魔になるのかが難しい。

ワンダーラストも使っている人は多いみたい。
雑誌でUL装備紹介ででてくると利用率が多いような。



大は小を兼ねる、でいくかどうか。
【サイズ比較】
ローカスギア:
 サイズ: W27.5xH23xD4.5cm
 ポケットの深さ16cm
 重さ: 54g

ワンダーラスト:
 容量: 4L
 重量: 42g
 寸法: W28.0 x H19.0cm

アトリエブルーボトル
 サイズ:H175mm x W240mm
 重量: 60g

ナノスが大きいと言っても4cmか(体感B5とA4ぐらの差だろうか)。
知覚できるかはともかく、サイズの小さなアトリエブルーボトルが重いのが意外。
素材の差なのだろうか。

サンプルを見ることができないので難しいが、ナノスに惹かれつつあるかな・・・。


もうちょい悩もう・・・。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...