2013/07/10

ワカメご飯 / お気楽レシピ

小学校の給食で出て来たよな・・・とふと思い立って作ってみたもの。
手間がかからない割にパクパク食べられます。
photo


万葉集にも詠われるワカメ

縄文時代から日本人に食べられていたとされるワカメ。
万葉集の中では恋歌として扱われているようなのですが、今で言うバラの花みたいなものだったりするのでしょうか?

比多潟(ひたがた)の礒のわかめの立ち乱え我をか待つなも昨夜(きそ)も今夜(こよい)も
 〜比多潟の磯のわかめのように、思い乱れて私を待っているのだろうか。昨夜も今夜も。


健康食品としてのワカメ

食物繊維やミネラル類などの栄養豊富で、かつローカロリーであるため健康食品としても食べられていますね。
またワカメに含まれる「フコダイン」は抗がん作用もあるとされ、治療に用いることで実際5年後の生存率が10%との話もあるようです。

その他にも肥満予防や血圧降下などに効果があるとされます。


日本からの「外来種」でもある

日本の環境を破壊する「外来種」としてアメリカザリガニやブラックバスなどが挙げられますが、このワカメは逆に日本からの外来種(の表現は正しいのでしょうか)だそうです。
タンカーやコンテナ船のバラスト水に含まれて運ばれ、現地で繁殖してしまうので「世界の侵略的外来種ワースト100」にも認定されています。

収穫して日本に送ってくれればおいしく食べるのですが・・・。


用意するもの

炊飯器
ご飯
塩シャケ
ワカメ
ゴマ
みりん
昆布

作り方

1.シャケはみりんを塗り、普通に焼きます
2.ご飯を研いだら、炊飯器にご飯、水、ほぐしたシャケ、ダシの昆布、みりんを入れて炊き込みます
3.炊きあがったらカットしたワカメを入れてよく混ぜ、蒸らします
4.ゴマを振りかけたらできあがり


ワカメは乾燥わかめではなく、生ワカメを使うとおいしくなります。
スーパーでも売っていますし、みそ汁やサラダにも使えますので我が家では毎週購入するリピート品(?)となっていますね。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...