2013/06/15

vs. ゴルフV / グランデプントな日々

デビュー当時のCセグの王者ゴルフとの対決記事があったわけです。
でも、グラプンはBセグ+αなので基本太刀打ちできないんですけどね。

【ザ・対決】フォルクスワーゲン ゴルフ vs フィアット グランデプント徹底比較!
http://221616.com/corism/articles/0000048208/

さて、この手の記事だとだいたい評価は定番でこのようになっています。
・デザインはいいよね
・使い勝手は今一
・パワーがない、遅い
・タイヤがでかすぎ
・リアハッチが外から開かないのが不便

反論のしようもありません。。。
せめてリアハッチだけはどうにかしてほしかったですよ、フィアットさん。
(リモコンで開く仕様なのだが、電波法?の関係で初期モデルは室内からのみ開くようになっているのです)

この記事だと低速トルクがあるように書かれているのですが、いやかなり細いです。
AT(デュアロジック)モデルは坂道でエンストするとかしないとか。
(それは制御の問題か・・・?)

発進して2速にシフトするとき後ろのクルマはブレーキを踏んでいるだろうな、という気がしています。ミニバンとかかなり近くなるのでこっちが怖いぐらい、何回か信号に捕まると大抵次の発進で左から追い越しかけてきます。

でも遅いのは発進だけで、3速2500回転からは気持ちよく加速して行きます。
いや、正確には加速している感じがしているだけで、満足してメーターを見るとあれ、まだこんな速さ、という感想。

プジョーとかシトロエンだと「気がついたら結構スピードがでていた」なのに、グラプンの「まだこんなスピード」の違いはどこから来るのか不思議です。
幹線道路ではアクセルを床まで踏み込んで加速しますが、その横をミニバンが普通に追い越して行きますからねえ・・・。

まあ安全なスピードで楽しめるのがイタ車のいいところです、きっと。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...