2013/06/28

5.意義を見出す / ハーバードの人生を変える授業

Think

あなたにとって、フォートノックスのすべての金塊より価値があることは何ですか。もしまだそれが見つかっていないなら、あなたの人生を幸福という通貨で豊かにしてくれるものは何だと思いますか。

幸せこそが人生の価値を決める「究極の通貨」


スラム街での教育を題材にした映画で『ミュージック・オブ・ハート』(Music of the Heart)がありますが、富や名声ではなく理想・夢を追い求めた話は共感できますね。
日本は世界第三位の経済大国でありながら、OECDの幸福度ランキングでは20位台に位置しています。
しかも高得点は安全の9.9と教育の9.0のみ、あとは低い値となっています。
一方で幸福な国のイメージの強い北欧の三国は、収入の評価が低いもののスウェーデンが1位、ノルウェーが4位、フィンランドが12位と上位に位置しています。

別に「幸せな人生のために富を諦めろ」というわけではないはずです。
アメリカなどでは若いうちにお金を稼いで、あとはボランティアに力を入れるような働き方があるあようですね。
例えばビル・ゲイツ51歳で引退し、あとは慈善団体の活動に時間を費やしています。
もっとも・・・500億ドルを超える資産がその活動の源にはあるわけで、「お金はあって困る物ではない」と思っています。

私も将来は福祉職、子供の教育やアニマルセラピーなどに携わってみたいのですが、いかんせん先立つ物が必要なのですよね・・・。

ハピネス・ブースター

意義を見出すに必要なアクションは、
・一日で費やす時間を整理し、増やすべきもの・増やしたいものと、減らすべきものを整理する
・増やすべきものを少しずつでも増やす
の2つになります。

減らすべきものは「究極の通貨」にはなりません。
仕事で言えば、無駄な会議や報告のための報告、無駄な雑談、定常業務などは減らしたいですね。
代わりに新しい事業や改善などの企画を力を入れて行きたいものです。

でもどうしようもない場合はベストを尽くしてその代替を用意します。
短時間でできる有益な行動、例えば通勤途中で音楽やラジオを聞く、本を読むなど。
これをハピネス・ブースターとシャハーは読んでいます。

無駄な会議であれば時間を短くする、少しでも成果のある会議にしてみたいと思います。


今日、感謝すること

色々とトラブルもありましたが、なんとか解消して今日中に帰れました。
対応してくれた皆さん、ありがとうございます。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...